ベラジョンカジノの2019年下半期トーナメント・キャンペーンまとめ

ベラジョンカジノの2019年下半期トーナメント・キャンペーンって?

トーナメント・キャンペーンの開催頻度

2001年からサービス提供を開始しているベラジョンカジノでは、毎年2回のトーナメントキャンペーンを実施しています。通年は2月から4月と10月から1月の2回であり、2019年の下半期トーナメントキャンペーンにあたる10月から1月は総勢12万人ものプレイヤーが鎬を削ったほどです。2019年は「最新情報」⇒「過去の記事」を参考にすると、特に参加者が多かった年でした。

トーナメント・キャンペーンのテーマ

2019年のベラジョンカジノでは、オリンピック前の前夜祭というテーマでトーナメントキャンペーンが実施されています。ベラジョンカジノは約15万人もいるプレイヤーのうち、約10万人が日本人プレイヤーが占めているサービスです。ドバイに運営本部を構えるベラジョンカジノですが、一種の日本向けオンラインカジノサービスという側面もあるため、2020年に日本で開催予定のオリンピックを祝福するテーマを掲げたと言えるでしょう。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、オリンピックは2021年に繰り越しされました。トーナメントキャンペーンのテーマは、ベラジョンカジノでは毎年プレイヤーの投票によって決定しています。2019年のテーマも日本人プレイヤーの投票で決まり、トーナメントキャンペーンにも公平性を有していることがわかります。

トーナメント・キャンペーンの賞品

2019年下半期のトーナメントキャンペーンの賞品は、特別賞が三ツ星ホテルの1週間宿泊チケットと賞金200万円でした。三ツ星ホテルは世界6か国にあるホテルから獲得者が自由に選ぶ事が出来、ベラジョンカジノでは往復の航空券もペアで用意されていたほどです。トーナメントキャンペーンで手に入れたプレイヤーは香港からアクセスしていた方で、勝率99.4%を記録しての受賞でした。

2019年下半期は、さらに計20種類のトーナメントキャンペーン対象の品がありました。ベラジョンカジノの過去のトーナメントキャンペーンの中では2019年がもっとも多い賞品数となり、2019年は上位に日本人プレイヤーも多数食い込んでいたのが特徴です。ベラジョンカジノの名物であるトーナメントキャンペーンは、2019年以降も続けられていきベラジョンカジノの魅力をより高めていくでしょう。

コチラの記事も要チェック⇒「ベラジョンカジノの2020年上半期トーナメント・キャンペーンまとめ」