0から分かるバカラの罫線の見方

バカラの罫線の見方(大路)

バカラは、カジノゲームの王様と呼ばれることがある人気ゲームです。直観ゲームといわれることも多いのですが、その理由の中には罫線を使うことで勝利を高められるためです。バカラを極めたいときには罫線についての研究は基本中の基本であり、言い換えると罫線の見方をしっかり抑えることはバカラを究めることに繋がるといっても過言ではありません。

オンラインカジノのライブカジノには基本的に罫線が表示されていて、自動的に記録が行われる機能を持たせています。罫線は、単に結果を閲覧するだけではなく次の手を考えるときの材料になるもの、これにより勝率を高められるようになるわけです。

バカラの罫線は大路・大眼仔・小路・甲由路の4種類があるのですが、それぞれ異なる表記方法です。複数の罫線を見ながらゲームの流れを読み取りタイミングを見極めてベット先(ディーラーもしくはプレイヤー側)を決定する、これがバカラの罫線を使った戦略法です。バカラの絞りは最初に縦向きにめくるのが特徴で、最も大きく目立つことやメジャーな罫線で使用されているのが大路です。

他の大眼仔・小路・甲由路と違って丸印が大きくなっているので初めての人でもわかりやすい表示といえます。大路は、バンカー側(ディーラー)が勝ったときには赤表示、プレイヤーが勝ったときには青表示、引分けのときにはスラッシュマークで記載される、左上から記録が始まって連勝しているときには下方向に印が記録されます。

罫線の見方が合っているかチェックしてみよう

罫線は次の出目を予想するものではなく、結果を見たときにどのような流れでゲームが進んでいるのかを把握するときに使うものです。バカラのテーブルゲームの一つにバカラデラックスPGSがありますが、このゲームを例に罫線結果をためてどのような流れができているのか、見方についての解説を行っておきましょう。

ちなみに、バカラデラックスPGSはミニマムベットが1ドル、登録することなく無料で遊べる(デモプレイ)などの特徴があります。見方は特別難しいものではなく、赤丸はバンカーが勝ったことを意味している、青丸はプレイヤ―が勝ったことを意味している、それぞれの見方をしっかり覚えておけば初めての人でも読み取ることができます。

引分けのときには斜線が入りますので、罫線が多いときには引分けが多いゲームであることがわかるのではないでしょうか。これらはすべて大路の見方であることも覚えておきましょう。それぞれのマークの見方を抑えた上でゲームの流れを見て行くとある程度パターン化されていて、次に勝利するのがバンカーもしくはプレイヤー、そして引分けになるなどが予測できるようになります。

大路以外の罫線(大眼仔)について

バカラの罫線は大路(ダイロ)だけでなく、大路の下側に表示されている大眼仔・小路・甲由路などもあります。大眼仔(ダイガンチャイ)など大路以外の罫線を使うことで特定の流れを見つけ出せるチャンスがある、複数の罫線を活用すると大路だけよりも勝率を高める効果への期待ができます。大眼仔は大路の最新結果および1列手前の同一の結果を比較、同じ動きのときには赤丸で異なる動きのときには青丸が記録される罫線です。

2列手間の同じ位置結果を見る小路(シュウロ)

小路は、大路の最新結果および2列手前同一の結果を比較するもので、大眼仔と同じく同じ動きになっているときには赤丸で異なるときには青丸が記録されます。

3列手間の同じ位置結果を甲由路(カッチャロ)

甲由路は、3列手前の同一結果を比較する以外は大路や小路と同じ記録が行われます。大路は常に表示されている罫線ですが、小路および甲由路は表示を追加することで見ることができるようになっていますので、4つの罫線を使う際には全表示させて使います。

【まとめ】罫線の見方が分かったら実際に使ってみよう

罫線を使うことでゲームの流れがある程度パターン化されていて、次にどちらが勝つのか予測するときに役立ちます。見方を覚えておけばすぐに実践したくなるかと思われますが、バカラができるオンラインカジノは色々あるので口コミ評判を使って人気のオンラインカジノを探しては如何でしょうか。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるバカラの罫線の使い方」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」