0から分かるバカラの罫線の使い方

罫線を使って次の出目を予想する方法

バカラのゲームでは、オンラインカジノはもちろんのこと実際のカジノでも必ず罫線を使って出目を予測するのが基本です。罫線の使い方としては、大路を基準に考えるのが一番簡単な使い方です。罫線上には計50マスが用意されており、この場所に親であるディーラーとプレイヤーのコマが配置されます。チェスであればビショップ、将棋だと飛車を真ん中に設置しますが、バカラの場合は必ずクイーンのカードを置きます。次に出目を予想することになりますが、コイントスでサイコロを振る順番を決める場合は、必ず罫線の右端にハートが来るようにしましょう。

バカラは最大4名で勝敗を決することになり、誤ってダイヤを右端に設置すると大きなヒットを受ける可能性があるからです。使い方の方法としては、常に後手になるようにゲームを進めるのがポイントです。

ベラジョンカジノのバカラで罫線を有効活用する方法

特徴的なパターンがきたらベットする

ベラジョンカジノには、計30種類のバカラゲームがあります。ここで罫線を有効活用するには、ライブゲームで活用するのが良いでしょう。ベラジョンカジノのライブゲームの場合、最大4名が揃ってからゲームが進行します。必然的に還元率と配当率が上がるので罫線の使い方としては、理想的な環境が整っていると言えるでしょう。毎回2.6のベットで罫線を利用すれば勝率を一定に保つこともでき、安定したベットを獲得できます。面(ツラ)とテンコを活用するのも手で、これらを罫線に設ければ最大で50倍の配当を得る事も可能です。

ベットチャンスがきそうなテーブルを探す

ベラジョンカジノの場合、バカラのルールにコイントスが備わっていないのが特徴です。これは、(※ベラジョンカジノで遊べるバカラは各テーブルの罫線をロビーで確認できることを説明し、複数のテーブルを監視して特徴的なパターンが罫線に出たらそのテーブルに座る戦略があると説明してください。)のためで、必ずプレイヤーが先攻しなくてはいけません。

そのため、勝率をあげるにはベットが可能なテーブルを探すことが必須条件と言えるでしょう。計250台のテーブルがあるので、ベットのチャンスがあるテーブルは比較的探しやすいです。罫線を有効活用するには、良いテーブルで勝負をすることも大切ということです。

複数罫線を使って的中精度をあげる

バカラで的中精度をあげるには、如何にして罫線上にあるコマを動かすかということが鍵を握っています。使い方としては罫線に大眼仔がある場合は、必ず最初にプレイヤーの切り札にしましょう。大路を進むのに大眼仔は非常に頼れるコマとなり、四方に移動させることも可能です。さらに大眼仔は、カウンティングを発動させることもできるため、最終ターンで形勢を逆転させることもできます。使い方をマスターすれば、配当率が高いゲームであってもプレイヤーの勝率を一定に保ちながら大勝すること可能でしょう。

【まとめ】罫線を駆使してベラジョンカジノのバカラで勝とう

ベラジョンカジノは基本的なルールを重んじているバカラゲームで、罫線を使用することも可能です。特にライブカジノのバカラの場合、ベラジョンカジノが実施しているキャンペーンの対象機種にバカラも指定されているので、効率よく勝利を収めるのに罫線は有効活用できます。罫線の使い方は基本、大路を中心にしてテンコ・面(ツラ)という2つの切り札を設置するのみです。これでディーラーと勝負をするためのコマが揃うので、あとは出目を予想して的中させれば自然と勝利へと歩みを進められます。シンプルなゲームで、罫線を駆使すればプレイヤーに有利な戦術が生れます。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるバカラの罫線の見方」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」