0から分かるシフトベット法の使い方|メリット・デメリット

シフトベット法の使い方・勝率と配当

シフトベット法は、ルーレットにおいて隣り合った9つの数字に賭けを行う必勝法になります。予想した目の周辺をカバーする方法とされており、手堅く利益を確保するのに向いています。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

賭け方のルール

シフトベット法はとてもシンプルな手法で、出目を予想して隣り合った9つの数字に賭けます。この時、ルーレット盤の数字を4分割して考えるのと分かりやすいです。ただし、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットでは数字の配置が異なるので、分割方法も異なります。まず、次に来そうな出目の数字を予想するところから始めます。

そして予想した数字が含まれるエリアの全ての数字に、ストレートアップします。ヨーロピアンルーレットの場合、1の数字を予想したとするとそのエリアの数字は1・5・9・14・16・20・24・31・33の9つになります。そのエリアの数字にチップを置いていきます。

勝率と配当

シフトベット法では9つの数字のマスにチップを置くので、使用するチップは9枚になります。この際の配当は36倍となっており、1枚1ドルと考えると当たった時には27ドルの利益が得られます。当たらなかった場合には、9ドルの損失となります。

シフトベット法のメリット・デメリット

シフトベット法を使用するメリットは、勝つことができれば短期間で利益を大きく増やせることが挙げられます。勝った時に得られる利益は27単位となっており、これはルーレットの必勝法の中でも高い利益を獲得できるものです。それからシフトベット法には、失敗した時の損失額も低いという特徴があります。負けても9単位の損失で済むので、3回に1回以上勝てれば利益を獲得することができます。

シフトベット法のデメリットとしては、出目の傾向を把握する必要があることです。出目の傾向を掴めなければ、外れてばかりということにもなりかねません。また、シフトベット法を使うには4パターンのチップの配置を覚えておく必要もあります。ライブカジノではベット時間が限られているので、スムーズにチップを置かなければいけないからです。慣れてくると素早く置けますが、最初はまごついてしまうかもしれません。

まとめ:流れに乗れば連勝必至のシフトベット法

シフトベット法は、ルーレットの出目の傾向を掴んで流れに乗れば連勝が必至です。ルーレットは出目の偏りが出やすいゲームなので、その傾向をつかむことが最も重要です。