ベラジョンカジノでの遊びすぎ制限!お財布を守る自己規制機能とは

ベラジョンカジノの自己規制機能とは

ベラジョンカジノには、自己規制機能というシステムが搭載されています。ベラジョンカジノに限らず、オンラインカジノでは数多くの魅力的なゲームをプレイできますが、リアルマネーを賭けてプレイする以上はギャンブル依存症に陥る可能性があります。

自己規制機能は、ギャンブル依存症防止目的で搭載されているシステムで、このシステムを利用すれば限りある資金や時間を使いすぎることを防ぐことが可能です。自己規制機能は「マイカジノ」の「自己規制」から設定できるので、ベラジョンカジノでお金や時間を使いすぎるのが心配という方は、自衛のために自己規制機能を使用することをおすすめします。

コチラの記事も要チェック⇒「ベラジョンカジノで遊べる主要ゲーム一覧」

自己規制機能で制限できる項目

自己規制機能で制限できる項目は、入金制限・時間制限・ロス制限・アカウント凍結(ログイン制限)の4つあります。ここからは、それぞれの項目の概要について解説していきます。

入金制限

入金制限の項目では、期間と最高入金額を設定することで、指定した期間内での入金をコントロールすることが可能です。例えば、期間を30日間、最高入金額を500ドルで設定した場合、30日の間にベラジョンカジノに入金できるのは500ドルまでとなり、それ以上の入金を試みても入金できない旨のメッセージが表示されます。

そのため、入金制限を設定しておけば、あらかじめ自分で決めた金額以上をベラジョンカジノで使ってしまうという事態を回避できます。

時間制限

時間制限の項目では、ログイン後にカジノゲームをプレイする時間を設定できます。制限できる時間は1時間単位で、設定した制限時間を迎えると強制的にゲームが終了するという仕様になっています。例えば、ベラジョンカジノでのプレイを1日3時間までと決めた場合、プレイ時間が3時間を迎えると強制的にゲームが終了してしまうため、仮に時間を忘れてゲームに熱中していたとしてもそれ以上は遊ぶことができません。

そのため、ゲームに熱くなって時間を忘れてしまったり、だらだらとゲームを続けてしまったりする方は時間制限を設定しておくことをおすすめします。

ロス制限

ロス制限の項目では、期間とロス金額(負け金額)の設定が可能です。例えば、期間を30日間、ロス金額を500ドルで設定した場合、30日の間に500ドル以上負けるとメッセージが表示されてそれ以上はプレイできなくなります。ロス制限を設定しておけば、ベラジョンカジノでの負け金額をコントロールできるため、ギャンブル依存症や遊び過ぎが心配な方以外のプレイヤーもロス制限を設定しておくことをおすすめします。

なお、ロス制限で設定するロス金額は、設定時点の金額から減った金額のことを指しており、トータルの負け金額ではありません。そのため、ロス金額を500ドルに設定し、その時点での資金が1,000ドルだった場合、資金が500ドル以下になった時にロス制限が適用されるということになります。

アカウント凍結(ログイン制限)>

アカウント凍結(ログイン制限)では、ベラジョンカジノへログインできない期間を設定できます。選択できる期間は、24時間・7日間・1か月・3か月・6か月・無制限の6パターンです。24時間と7日間はタイムアウト扱いなので、期間を過ぎると自動的にログインできる状態に戻りますが、それ以外を選択した場合はサポートに連絡しないとログインできる状態には戻りません。

ただし、無制限のアカウント凍結は、通常の退会とは異なり、今後どのような理由があっても再びアカウントを再開したり、新規登録したりすることができなくなるため、無制限を選択する際は慎重に判断する必要があります。

ベラジョンカジノで自己規制機能をつけた方がいい理由

ここからは、ベラジョンカジノで自己規制機能を設定すべき理由について解説していきます。

長期的にはプレイヤーが負ける

ベラジョンカジノに限らずすべてのオンラインカジノでは、短期的には勝てるとしても長期的にはプレイヤーが負けるような仕組みになっています。当然ながらオンラインカジノの運営側(胴元)は、利益を上げなければ運営を続けることができないため、プレイヤーから手数料を取ることで利益を確保しています。

1ゲームでどれくらいの手数料が取られるのかは、控除率(ハウスエッジ)という値を見ることで確認でき、各ゲームによって控除率は変わります。そのため、カジノゲームには稼ぎやすいゲームと稼ぎにくいゲームがあるのですが、控除率が0%のカジノゲームが存在しない以上は、長期戦になればなるほどプレイヤーに不利な状況になるということです。これが、ベラジョンカジノで自己規制機能を設定すべき理由のひとつで、自己規制機能を上手く活用して長時間のプレイを避けることが大切です。

ギャンブルには中毒性がある

オンラインカジノに限らず、すべてのギャンブルには中毒性があります。現在、日本でも海外のようにカジノを建設する動きが出てきていますが、それが実現しない理由の一つにギャンブル依存症への懸念があります。ギャンブル依存症になると正常な判断ができなくなり、借金を背負ってでもギャンブルにお金を費やしたり、仕事や学校に行かなくなったりして、生活が完全に破綻します。

したがって、オンラインカジノでプレイする際は、熱中しすぎず適度なタイミングで切り上げることが重要となりますが、自分の意志でプレイを止めるのが難しいかもしれないと感じる場合は、自己規制機能を上手く活用して使用する金額やプレイする時間を制限することをおすすめします。

面白いゲームが多いからハマる

ベラジョンカジノでは、1,400種類以上のゲームが提供されており、そのすべてが魅力的で普通のスマホゲームにはない面白さがあります。そして、どのゲームもプレイヤーを飽きさせない工夫が施されているため、ベラジョンカジノは多くのプレイヤーから支持されています。

しかし、魅力的なゲームが多いということは、適度なタイミングでゲームを止めるのが難しいということでもあるため、上記の通りギャンブル依存症になる恐れがあります。ベラジョンカジノは、面白いゲームが多数揃っているのでハマってしまうのは仕方ないことですが、もしもベラジョンカジノでゲームに熱中しすぎる傾向がある場合は、自己規制機能を使うことを検討しましょう。

【まとめ】自己規制機能をつけて節度をもって楽しもう

ベラジョンカジノはプレイできるカジノゲームが1,400種類以上あり、そのすべてが魅力的なので、ついつい時間を忘れてゲームに熱中しがちです。その結果、ギャンブル依存症に陥る恐れがありますが、ベラジョンカジノに備わっている自己規制機能を上手く活用すれば、強制的にゲームを切り上げることができるため、ギャンブル依存症になるリスクを軽減できます。

したがって、ベラジョンカジノでプレイする際は、自己規制機能を上手く活用することをおすすめします。自己規制機能を使えばベラジョンカジノで健全に遊ぶことが可能となるため、後はプレイするゲームを決めて思う存分カジノゲームを楽しみましょう。なお、ベラジョンカジノでプレイできるゲームについては、「ベラジョンカジノで遊ぶ」を参考にしてください。