0から分かるグッドマン法の使い方|メリット・デメリット

グッドマン法の使い方・使用できるカジノゲーム

グッドマン法とは、連勝している時に賭け金を「1・2・3・5」の順序で増やしていく必勝法のことをいいます。勝った時も負けた時も資金の変化は緩やかなので、リスクを抑えることができます。徐々に利益を積み上げるのに適しているので、長時間プレイする時にも向いています。

賭け方のルール

グッドマン法は、勝敗確率約1/2、配当2倍のゲームに使用することができます。グッドマン法では、まず1単位の賭け金を設定します。最初のゲームで勝った時には2単位の賭け金に増やし、さらに勝ったら賭け金は3単位と増えていきます。そして5回目以降は、全て5単位で賭けるのがグッドマン法です。負けた場合には、最初の賭け金に戻します。グッドマン法で最初の賭け金は、いくらに設定しても大丈夫です。1ドルに設定して連勝が続いたとすれば、2回目の賭け金は2ドルで3回目は3ドル、4回目は5ドルとなっていきます。

使用できるカジノゲーム

グッドマン法を使用できるカジノゲームには、バカラやルーレットがあります。勝敗確率約1/2で、配当2倍のゲームに該当します。ただし、ブラックジャックとポーカーはカード次第で勝率が変わりますが、グッドマン法を使用することができます。配当は2倍または2.5倍なので使用しても大丈夫です。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのポーカーと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

グッドマン法のメリット・デメリット

グッドマン法を使用するメリットは、最初に連勝すると利益が出やすいところにあります。最初に2連勝すれば、負けても損益は0になります。つまり3連勝以上すれば、負けたとしても利益を得られる仕組みになっています。それから大きな損失が出にくいのもグッドマン法のメリットです。その一方でグッドマン法のデメリットを挙げると、連勝しないと利益が出ないことが挙げられます。リスクが少ない分、大きな利益に繋がりにくいのもデメリットです。損失が膨らんでしまうと、取り戻すのが難しくなってしまいます。

まとめ:グッドマン法は引き際が肝心

グッドマン法を使用する際には、引き際を見極めるのが肝心です。連敗が先行してしまって損失が膨らむようだと、そこからグッドマン法を使って取り返すのは難しいかもしれません。勝ちが続いた時に使用すれば、利益を増やすことができます。