0から分かるココモ法の使い方|メリット・デメリット

ココモ方の使い方・使用できるカジノゲーム

ココモ法は、負ければ負ける程勝った時の利益が大きくなる手法です。負けた時に前々回の賭け金と前回の賭け金を合わせた金額を次のゲームの賭け金とする方法になります。

コチラの記事も合わせて読みたい⇒「カジノ必勝法・攻略法【ココモ法】で稼ごう!」

賭け方のルール

ココモ法は、勝敗確率約1/3と配当3倍のゲームに使用することができます。ココモ法を使える場面は、2連敗した後になります。1回目の時の賭け金と2回目の時の賭け金を合わせた金額を次の賭け金とします。例えば、1回目のゲームも2回目のゲームも1ドルを賭けたとすると、3回目のゲームでは2ドルを賭けます。

そしてまた負けてしまった時には2回目に使った金額の1ドルと3回目に使った2ドルを足して、4回目のゲームには3ドルを賭けるのがココモ法です。また、負けてしまった時は、3回目と4回目の金額を足して5ドル賭けるという方法になります。1回でも勝つことができれば、負けを取り戻すことができます。

使用できるカジノゲーム

ココモ法を使用できるゲームは、勝敗確率約1/3と配当3倍のゲームです。ルーレットでは、コラムベットやダズンベット等に使用することができます。コラムベットとは、上段・中段・下段の12個の数字のまとまりに賭ける方法です。ダズンベットとは、1から12や13から24、25から36といった12個の数字のグループに賭ける方法になります。ココモ法は、オンラインカジノで人気のバカラやブラックジャックには使用することは出来ません。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

ココモ法のメリット・デメリット

ココモ法を使用するメリットは、負ければ負ける程勝った時の利益が大きくなることです。1つのゲームに勝てば、連敗が続いていても損失を取り戻せます。連敗していると気分が落ち込みますが、形勢を一気に逆転できるので勝った時には爽快感が感じられます。負けを取り戻す必勝法は色々ありますが、その中でもココモ法は賭け金の増え方が緩やかなので大きなリスクを抱えることはありません。

ココモ法のデメリットとしては、連敗が続くとテーブルリミットの上限に達してしまうことがあることです。ただし、テーブルリミットの上限に達する程負けてしまったのであれば、付が全くないのでゲームを切り上げた方がいいかもしれません。それから配当が2倍のゲームには向いていないというデメリットもあります。

まとめ:ココモ法を使うときはベット額上限を要チェック

ココモ法を使用する時は、ルーレットテーブルでベット額の上限を事前にチェックしておくようにしましょう。