0から分かるモンテカルロ法の使い方|メリット・デメリット

モンテカルロ法の使い方・使用できるカジノゲーム

カジノゲームにはいくつか必勝法がありますが、そのなかのひとつにモンテカルロ法があります。モンテカルロ法は少ない勝ち数で利益を生む必勝法で有名な必勝法のひとつで、3配当ゲームで損失を抑えて利益を積み上げる時に使用すると良いでしょう。ここではモンテカルロ法の使い方や、モンテカルロ法が使用できるカジノゲームを紹介します。

賭け方のルール

モンテカルロ法には賭け方のルールがあります。モンテカルロ法は連敗しても少ない勝ち数で利益を出すことが可能な必勝法で、メモを使用するためまずは紙とペンを用意します。1単位1ドルの場合、メモに1,2,3と書き両端にある数字の1と3を足した数4が最初のゲームの掛け金となります。もし負けた場合には前回の儲け金4を右端に追加します。両端の1と4の数字を足し、5が次のゲームの儲け金となります。

モンテカルロ法には、勝敗確率約1/2、配当2倍のゲームし使う2倍モンテカルロ法と、勝敗確率約1/3、配当3倍のゲームで用いる3倍モンテカルロ法もあります。3倍モンテカルロ法で勝った場合には、両端から2つずつ数字を削って残った数字の両端を足して次のゲームの儲け金を決めます。

コチラの記事も合わせて読みたい⇒「カジノ必勝法・攻略法|モンテカルロ法で稼ごう」

使用できるカジノゲーム

モンテカルロ法が使用できるカジノゲームは、勝敗確率約1/3のカジノゲームで使用すると効果を発揮しやすいため、ルーレット バカラ、ブラックジャック、ポーカーでも使える必勝法です。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

モンテカルロ法のメリット・デメリット

モンテカルロ法のメリットには、連敗した時の儲け金が大きくなりづらいことや、3倍配当であれば1サイクル終了時に必ず利益を出すことができたり、1サイクル終了ごとにメモをとって次のゲームに賭ける金額を決められるため落ち着いてゲームをすることができるなどがメリットと考えられます。

一方、大きな利益は見込めないことや数列の数が増えると1サイクル終了に時間がかかることなどはデメリットです。この方法は低リスクで損失を回収することが目的となるため、利益を大きく伸ばすような目的では使うことができず、勝ったり負けたりが交互に続いたり、連敗が続く場合には数列の数が大きくなるため1サイクル終了まで長時間となってしまいます。

【まとめ】堅実派の決定版モンテカルロ法

モンテカルロ法は堅実派の決定版とも言える必勝法で、負け数より少ない勝ち数で利益が出る方法です。配当3倍のゲームで使う場合、モンテカルロ法を成功させるために連勝の必要がないことが特徴的です。連敗しても儲け金を抑えやすいため、大きなリスクを抱えることなく利益を積み上げることが期待できます。

カジノではメモすることは禁止されていますが、オンラインカジノであればメモを取ることが可能になりモンテカルロ法を使うことができます。