0から分かるフラワーベット法の使い方|メリット・デメリット

フラワーベット法の使い方・配当

フラワーベット法とは、ルーレットでたった4枚のチップを使って最大で144倍もの配当を狙える手法です。ルーレットの必勝法の中でも、非常に高い倍率を狙えます。

初心者は要チェック⇒「フラワーベット法はルーレットの攻略法!初心者にもわかるように解説」

賭け方のルール

フラワーベット法をルーレットで使用する際に、組み合わせる賭け方は3つあります。ストレートアップ・スプリットベット・コーナーベットの3種類です。まず、本命の数字に1枚のチップを置いてストレートアップを行います。この時の配当は36倍です。次にストレートアップした数字の上下と左右に、1枚ずつチップを置きます。これがスプリットベットで、配当は18倍となります。そしてストレートアップした数字の角に、1枚ずつチップを置きます。これがコーナーベットで、配当は9倍となります。

当選箇所と配当の違い

フラワーベット法では中央の数字に当たれば配当が最も高く、144倍となります。4つのコーナーベットと4つのスプリットベットに加えて、ストレートアップもかかっているからです。また、上下左右のいずれかの数字が当たると、配当は36倍となります。フラワーベット法でチップを置いた4隅のいずれかの数字が当たれば、配当は9倍です。

フラワーベット法のメリット・デメリット

フラワーベット法のメリットには、中央の数字が当たれば144倍という高い配当が得られることが挙げられます。フラワーベット法を使って連敗が続いたとしても、1回でも中央の数字が当たれば大きな利益を得ることができます。一攫千金も夢ではありません。

また、中央以外の数字が当たった場合でも、配当は9倍と36倍といった高い倍率です。当たりさえすれば、賭けた分の金額は簡単にペイ出来ます。ただし、フラワーベット法にはデメリットもあります。フラワーベット法のデメリットは、さほど勝率が高くないことです。効果的に活用するには、ある程度の資金力が必要になります。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

【まとめ】フラワーベット法は他賭け方と組み合わせよう

フラワーベット法は、最大で144倍もの配当を得られるルーレットの手法です。中央の数字が1回でも当たれば、大きな利益を得ることができます。ただし、単独だと勝率が低いので、他の方法を組合わせて使用するのがおすすめです。1単位で全体の2分の1から3分の1をカバーできるアウトサイドベットと組み合わせるといいかもしれません。フラワーベット法が外れても、アウトサイドベットが当たれば失ってしまう9単位の損失を減らすことができます。