「カジノゲーム攻略法」カテゴリーアーカイブ

カジノゲームは攻略できるギャンブルなのか?

ベラジョンカジノはカジノゲームの種類が豊富にある、日本語のサポートがしっかりされているなど評判があります。そのため、オンラインカジノでゲームをやるならベラジョンカジノなどのような定説が作り出される可能性もないとはいい切れません。しかし、カジノのゲームは運もありますが攻略法などの知識を蓄えることが大切です。

ベラジョンカジノは勝ちやすさが評判のオンラインカジノですから、ここで勝てない人は他でも勝てない、まずはカジノのゲームで勝つための攻略法を学びベラジョンカジノを制して見ることからはじめましょう。攻略法は、カジノのゲームに勝つための戦略法ではあるけれども、資金を手元に残しながらゲームができるので終了後に資金が底をついてしまうなどのリスクを回避できる、いわゆるローリスク・ハイリターンな手法です。

確率で考えるカジノゲームの立ち回り方

カジノゲームにはそれぞれ還元率(ペイアウト率)と呼ぶものがありますが、カジノで遊んでいる人が支払っている賭け金に対して、勝利金として払い戻しされる金額をパーセントで示したものが還元率です。競馬の単勝馬券の還元率は80%といわれていて、20%は控除率(ハウスエッジ)と呼ばれるもの、この20%は胴元である国や中央競馬会などへの収入です。

一方、カジノゲームの場合は、ゲームの種類に応じて異なるもののバカラやブラックジャックなどでは98~99%、ルーレットは94~95%などのように還元率が高いことがわかります。ただし、カジノゲームは長期的にはプレイヤーが負けるように設計されているなど、引き際のタイミングを考えることも大切ですし、精神論では勝てないなどからも攻略法が役立つ存在になってくれます。

コチラの記事も要チェック⇒ベラジョンカジノガチ勢が教えるカジノゲームの確率論的攻略法

バカラ・ブラックジャックに使える攻略法とは

罫線(バカラ)を使ってゲームの流れを分析

バカラは、画面上に今までの勝利結果を表示する領域が表示されていますが、これは罫線と呼ぶもので大路・大眼仔・小路・甲由路の4種類があります。この中で大路は常に表示されていて、他の3つは罫線内にあるツールをクリックすることで表示ます。大路だけでもバカラの予測ができる必須ツールですから、罫線の読み方や分析の仕方を覚えておくと良いでしょう。

コチラの記事も要チェック⇒ベラジョンカジノガチ勢が教えるバカラの罫線攻略法

ベーシックストラテジー(ブラックジャック)

ブラックジャックの還元率は約99%といわれいるのですが、ベーシックストラテジーと呼ばれる基本戦略通りにゲームしたときの還元率です。ベーシックストラテジーは、最初に配布されるカードの組み合わせに対してどのようなアクションを起こせば勝てるのかを示すものです。自分のカードとディーラーが持っているカードの合計数が縦横に記載してあり、それぞれの合計数に応じた形で、カードをもう1枚要求すべきか否かを知ることができる、いわゆるブラックジャックの教科書のような存在です。

コチラの記事も要チェック⇒ベラジョンカジノガチ勢が教えるベーシックストラテジー攻略法

ベット額調整でカジノゲームを攻略する「チップコントロール法」

チップコントロール法は、カジノのゲームの中でもバカラ・ブラックジャック・ルーレットなどに向いている攻略法です。チップコントロール法には利益を伸ばす、損失を抑えるなどローリスク・ハイリターンの要素があり資金管理にも役立てることができます。

コチラの記事も要チェック⇒ベラジョンカジノガチ勢が教えるチップコントロール法16選

0から分かるハーフストップ法の使い方|メリット・デメリット

ハーフストップ法の使い方・使用できるカジノゲーム

ハーフストップ法とは既に得た利益の半分を守る必勝法で、ゲームの引き際を見極めるのに最適です。ハーフストップ法を覚えておくと、色々なカジノゲームに使用することができます。

賭け方のルール

ハーフストップ法を使用するには、まず目標となる金額とその半分の金額を予め出しておく必要があります。ハーフストップ法を使用するのは、目標となる金額を達成した後のことになります。具体的な例を挙げると、手持ちの資金を100ドルとし目標額も100ドルとします。手持ちの資金と合わせて200ドルになれば、目標を達成したことになります。200ドルに到達したら、ハーフストップ法を開始します。その後ゲームを続け、利益の半分となる50ドルの損失を出した時点でゲーム終了となります。

使用できるカジノゲーム

ハーフストップ法は、どんなゲームにも使用することができます。ただし、勝敗確率が1/2で配当が2倍のゲームで使うと計算が容易なので使いやすいです。バカラやルーレットなどのカジノゲームに向いています。

コチラの記事も注目⇒「初心者にもおススメ攻略法【ハーフストップ法】を徹底解説」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのポーカーと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

ハーフストップ法のメリット・デメリット

ハーフストップ法のメリットには、大きな損失を被らずにすむことが挙げられます。ギャンブルで利益が出ていると大金をついかけ続けてしまい、結局全ての利益が吹っ飛んでしまうといったことがよくあります。ハーフストップ法を用いれば、そういった事態を防ぎ利益を守ることができます。ハーフストップ法では、損失を出す前にゲームをストップします。そのためどこでゲームを止めればいいのか分からなくなってしまうという人に最適です。

ハーフストップ法のデメリットとしては、目標額の半分になったところで必ず止めるという強い精神力が必要なことが挙げられます。負けが続くと人はその分を取り返したいという気持ちになるので、目標額の半分になったところで止めるのは意外と難しいのです。また、そもそも目標としている利益に達しなければ、ハーフストップ法を使う機会がありません。

まとめ:ハーフストップ法を常に成功できれば上級者

ハーフストップ法は、目標とする利益の半分になったらゲームをストップするというシンプルな必勝法です。熱くなると失敗するので、強いメンタルが求められます。上手く使いこなすことができれば上級者といえるでしょう。

0から分かる31システム投資法の使い方|メリット・デメリット

31システム投資法の使い方・使用できるカジノゲーム

31システム投資法とは、31単位を9つに分けて賭けを行う必勝法のことをいいます。2連勝すれば必ず利益を確定させることができるのが特徴です。

賭け方のルール

31システム投資法は、勝敗確率約1/2か配当2倍のゲームに使用します。まず、31単位を9つに分解するとA(A-1・A-2・A-3)、B(B-1・B-2)、C(C-1・C-2)、D(D-1・D-2)となります。賭け金はAが1とするとBは2でCは4、Dは8というルールになっています。最初はA-1からスタートし、1ドルを賭けたとします。負けた場合にはA-2に進み、次の賭け金も1ドルになります。

勝った場合にはA-2ではなくB-1に進み、賭け金は2ドルとします。つまり負けたらA-1からA-2、A-3と進んでいき、勝った場合には次のステージに移行するのです。B-1、C-1と進んでいき、B-1の時に負けたらB-2に進みます。2連勝したら1サイクルが終了します。また、連敗が続いてD-2まで進んでしまった場合も1サイクル修了となります。

使用できるカジノゲーム

31システム投資法が使用できるカジノゲームには、勝敗確率約1/2・配当2倍に該当するバカラやルーレットがあります。ブラックジャックとポーカーはカードによって勝率が変わります。そのため勝率は1/2にはなりませんが、配当は2倍か2.5倍なので31システム投資法を使用することができます。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのポーカーと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

31システム投資法のメリット・デメリット

31システム投資法を使うメリットには、2連勝すれば利益が確定できることが挙げられます。勝敗確率約1/2のゲームだと2連勝する確率は9連敗する確率よりも圧倒的に高いので、十分に利益を得られることが予想されます。そして連勝がない場合でも、31単位以上負けることはありません。

31システム投資法のデメリットとしては、ルールが複雑なので覚えにくいということがあります。慣れてくると頭で覚えてしまえるので、スムーズに賭けを行えます。また、連勝しないと利益が出せないのもデメリットです。

まとめ:慣れれば簡単な31システム投資法

31システム投資法はルールが複雑なので、最初は大変と感じることが多いです。しかし、慣れてくると簡単に使いこなせるようになります。

0から分かるココモ法の使い方|メリット・デメリット

ココモ方の使い方・使用できるカジノゲーム

ココモ法は、負ければ負ける程勝った時の利益が大きくなる手法です。負けた時に前々回の賭け金と前回の賭け金を合わせた金額を次のゲームの賭け金とする方法になります。

コチラの記事も合わせて読みたい⇒「カジノ必勝法・攻略法【ココモ法】で稼ごう!」

賭け方のルール

ココモ法は、勝敗確率約1/3と配当3倍のゲームに使用することができます。ココモ法を使える場面は、2連敗した後になります。1回目の時の賭け金と2回目の時の賭け金を合わせた金額を次の賭け金とします。例えば、1回目のゲームも2回目のゲームも1ドルを賭けたとすると、3回目のゲームでは2ドルを賭けます。

そしてまた負けてしまった時には2回目に使った金額の1ドルと3回目に使った2ドルを足して、4回目のゲームには3ドルを賭けるのがココモ法です。また、負けてしまった時は、3回目と4回目の金額を足して5ドル賭けるという方法になります。1回でも勝つことができれば、負けを取り戻すことができます。

使用できるカジノゲーム

ココモ法を使用できるゲームは、勝敗確率約1/3と配当3倍のゲームです。ルーレットでは、コラムベットやダズンベット等に使用することができます。コラムベットとは、上段・中段・下段の12個の数字のまとまりに賭ける方法です。ダズンベットとは、1から12や13から24、25から36といった12個の数字のグループに賭ける方法になります。ココモ法は、オンラインカジノで人気のバカラやブラックジャックには使用することは出来ません。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

ココモ法のメリット・デメリット

ココモ法を使用するメリットは、負ければ負ける程勝った時の利益が大きくなることです。1つのゲームに勝てば、連敗が続いていても損失を取り戻せます。連敗していると気分が落ち込みますが、形勢を一気に逆転できるので勝った時には爽快感が感じられます。負けを取り戻す必勝法は色々ありますが、その中でもココモ法は賭け金の増え方が緩やかなので大きなリスクを抱えることはありません。

ココモ法のデメリットとしては、連敗が続くとテーブルリミットの上限に達してしまうことがあることです。ただし、テーブルリミットの上限に達する程負けてしまったのであれば、付が全くないのでゲームを切り上げた方がいいかもしれません。それから配当が2倍のゲームには向いていないというデメリットもあります。

まとめ:ココモ法を使うときはベット額上限を要チェック

ココモ法を使用する時は、ルーレットテーブルでベット額の上限を事前にチェックしておくようにしましょう。

0から分かるグランパーレー法の使い方|メリット・デメリット

グランパーレー法の使い方・使用できるカジノゲーム

賭け方のルール

グランパーレー法とは、カジノゲーム内のルーレットとバカラで利用できる必勝法のことを指します。このグランパーレー法が確立されたのは1960年で、アメリカのラスベガスで誕生しました。計250種類の確率計算式を駆使したベットの掛け方で構成されており、今ではカジノゲームで勝率を上げるのに最適の必勝法と言われているほどです。

グランパーレー法を使用すれば勝敗確率約1/2にすることができ、配当2倍も叶うというわけです。ルールとしては必ず2倍ベットを掛けて勝負に挑むことになるので、必ずベットに余裕がある時に駆使しましょう。

使用できるカジノゲーム

グランパーレー法が使用できるゲームは、バカラとルーレットです。ブラックジャックでも一部使用が認められますが、一定の規定があるので必ず使用できる訳ではありません。グランパーレー法は配当2倍という縛りがあり、ベットを掛ける時に2倍以上にできるゲームという条件も加わります。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのポーカーと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

グランパーレー法のメリット・デメリット

どのような戦術法でもメリット・デメリットがありますが、グランパーレー法の場合はメリットは大きな配当を得られるということです。必ず2倍掛けをすることになるので、バカラのような通常時から高配当のゲームであれば一攫千金も可能と言えます。このグランパーレー法のメリットはもう一つあり、他のプレイヤーに干渉されないという点です。

カジノゲームの戦術に大半は他のプレイヤーの動向に左右されますが、グランパーレー法ではそれがありません。デメリットとして言える点は、一定数以上の資金を確保しないといけないことです。そのため、上級者向けの戦術と呼べるでしょう。

【まとめ】成功したら大きいグランパーレー法

グランパーレー法は一種の、成功者が使用できるカジノ戦術とも言われます。これはハイリターンを可能としている特徴からであり、そのために常に大きな配当を狙うゲームと掛け方をするのがグランパーレー法の特徴です。グランパーレー法は勝敗確率約1/2と高いので、失敗できない高確率な戦術です。手堅く大きな勝負に挑むのに使えるものであり、そのメリットを十分に体感することもできます。

0から分かるバカラの罫線の使い方

罫線を使って次の出目を予想する方法

バカラのゲームでは、オンラインカジノはもちろんのこと実際のカジノでも必ず罫線を使って出目を予測するのが基本です。罫線の使い方としては、大路を基準に考えるのが一番簡単な使い方です。罫線上には計50マスが用意されており、この場所に親であるディーラーとプレイヤーのコマが配置されます。チェスであればビショップ、将棋だと飛車を真ん中に設置しますが、バカラの場合は必ずクイーンのカードを置きます。次に出目を予想することになりますが、コイントスでサイコロを振る順番を決める場合は、必ず罫線の右端にハートが来るようにしましょう。

バカラは最大4名で勝敗を決することになり、誤ってダイヤを右端に設置すると大きなヒットを受ける可能性があるからです。使い方の方法としては、常に後手になるようにゲームを進めるのがポイントです。

ベラジョンカジノのバカラで罫線を有効活用する方法

特徴的なパターンがきたらベットする

ベラジョンカジノには、計30種類のバカラゲームがあります。ここで罫線を有効活用するには、ライブゲームで活用するのが良いでしょう。ベラジョンカジノのライブゲームの場合、最大4名が揃ってからゲームが進行します。必然的に還元率と配当率が上がるので罫線の使い方としては、理想的な環境が整っていると言えるでしょう。毎回2.6のベットで罫線を利用すれば勝率を一定に保つこともでき、安定したベットを獲得できます。面(ツラ)とテンコを活用するのも手で、これらを罫線に設ければ最大で50倍の配当を得る事も可能です。

ベットチャンスがきそうなテーブルを探す

ベラジョンカジノの場合、バカラのルールにコイントスが備わっていないのが特徴です。これは、(※ベラジョンカジノで遊べるバカラは各テーブルの罫線をロビーで確認できることを説明し、複数のテーブルを監視して特徴的なパターンが罫線に出たらそのテーブルに座る戦略があると説明してください。)のためで、必ずプレイヤーが先攻しなくてはいけません。

そのため、勝率をあげるにはベットが可能なテーブルを探すことが必須条件と言えるでしょう。計250台のテーブルがあるので、ベットのチャンスがあるテーブルは比較的探しやすいです。罫線を有効活用するには、良いテーブルで勝負をすることも大切ということです。

複数罫線を使って的中精度をあげる

バカラで的中精度をあげるには、如何にして罫線上にあるコマを動かすかということが鍵を握っています。使い方としては罫線に大眼仔がある場合は、必ず最初にプレイヤーの切り札にしましょう。大路を進むのに大眼仔は非常に頼れるコマとなり、四方に移動させることも可能です。さらに大眼仔は、カウンティングを発動させることもできるため、最終ターンで形勢を逆転させることもできます。使い方をマスターすれば、配当率が高いゲームであってもプレイヤーの勝率を一定に保ちながら大勝すること可能でしょう。

【まとめ】罫線を駆使してベラジョンカジノのバカラで勝とう

ベラジョンカジノは基本的なルールを重んじているバカラゲームで、罫線を使用することも可能です。特にライブカジノのバカラの場合、ベラジョンカジノが実施しているキャンペーンの対象機種にバカラも指定されているので、効率よく勝利を収めるのに罫線は有効活用できます。罫線の使い方は基本、大路を中心にしてテンコ・面(ツラ)という2つの切り札を設置するのみです。これでディーラーと勝負をするためのコマが揃うので、あとは出目を予想して的中させれば自然と勝利へと歩みを進められます。シンプルなゲームで、罫線を駆使すればプレイヤーに有利な戦術が生れます。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるバカラの罫線の見方」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

0から分かるベーシックストラテジーの見方

ベーシックストラテジーの見方

ベーシックストラテジーとは、カジノゲームのバカラ・ポーカー・ブラックジャックといったテーブルゲームで使用できる必勝法の1つです。これらのゲームでは、常にディーラーとプレイヤーが獲得する手札が異なります。規則性のない結果となることから一般的に、変則性カジノゲームとも称されるのが特徴です。この変則性カジノゲームでは結果を予測するのが困難で、必勝法が存在しないようにも思われてきました。

ところが1970年代のアメリカでベーシックストラテジーという一種の確率計算式が確立され、変則性カジノゲームでも活用できることを証明されました。ベーシックストラテジーは計5つの数式と正負方程式を用いて、合算値と期待値をあらわします。この数式の見方は後部の数字が大きいほど期待値が高く、ハードハンドと呼ばれています。ハードハンドとは結果がすぐに理解できることでしょう。

ベーシックストラテジーの見方が合っているかチェックしてみよう

実際にベーシックストラテジーを駆使して、見方を吟味していきます。まずベーシックストラテジーをあらわす数式を使用して、合算値を求めることから始めます。見方は先述したように後部に着目しておき、5以下の数字になったら勝率は97%を各ゲームで得られると考えられます。さらにハードハンドを求めていきますが、ハードハンドをしっかりと固定しておくことが大切です。たとえば見方として、必ず3つの確率を求めると正しい勝率を導き出せます。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるベーシックストラテジーの使い方」

【まとめ】ベーシックストラテジーの見方が分かったら実際に使ってみよう

実戦でベーシックストラテジーを使って、各ゲームの見方を行っていきます。この時、ポーカーを例にしてベーシックストラテジーを実践すると、基本を学べるので良いシミュレーションが行えることでしょう。基礎として見方を学ぶ場合、最初は正負方程式で期待値を求めることから始めます。見方は先述した通り、後部の数字にだけ着目していけば問題はありません。ポーカーなら勝ち・負けの2択しかないので簡単の計算が行えます。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

0から分かるグッドマン法の使い方|メリット・デメリット

グッドマン法の使い方・使用できるカジノゲーム

グッドマン法とは、連勝している時に賭け金を「1・2・3・5」の順序で増やしていく必勝法のことをいいます。勝った時も負けた時も資金の変化は緩やかなので、リスクを抑えることができます。徐々に利益を積み上げるのに適しているので、長時間プレイする時にも向いています。

賭け方のルール

グッドマン法は、勝敗確率約1/2、配当2倍のゲームに使用することができます。グッドマン法では、まず1単位の賭け金を設定します。最初のゲームで勝った時には2単位の賭け金に増やし、さらに勝ったら賭け金は3単位と増えていきます。そして5回目以降は、全て5単位で賭けるのがグッドマン法です。負けた場合には、最初の賭け金に戻します。グッドマン法で最初の賭け金は、いくらに設定しても大丈夫です。1ドルに設定して連勝が続いたとすれば、2回目の賭け金は2ドルで3回目は3ドル、4回目は5ドルとなっていきます。

使用できるカジノゲーム

グッドマン法を使用できるカジノゲームには、バカラやルーレットがあります。勝敗確率約1/2で、配当2倍のゲームに該当します。ただし、ブラックジャックとポーカーはカード次第で勝率が変わりますが、グッドマン法を使用することができます。配当は2倍または2.5倍なので使用しても大丈夫です。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのポーカーと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

グッドマン法のメリット・デメリット

グッドマン法を使用するメリットは、最初に連勝すると利益が出やすいところにあります。最初に2連勝すれば、負けても損益は0になります。つまり3連勝以上すれば、負けたとしても利益を得られる仕組みになっています。それから大きな損失が出にくいのもグッドマン法のメリットです。その一方でグッドマン法のデメリットを挙げると、連勝しないと利益が出ないことが挙げられます。リスクが少ない分、大きな利益に繋がりにくいのもデメリットです。損失が膨らんでしまうと、取り戻すのが難しくなってしまいます。

まとめ:グッドマン法は引き際が肝心

グッドマン法を使用する際には、引き際を見極めるのが肝心です。連敗が先行してしまって損失が膨らむようだと、そこからグッドマン法を使って取り返すのは難しいかもしれません。勝ちが続いた時に使用すれば、利益を増やすことができます。

0から分かるモンテカルロ法の使い方|メリット・デメリット

モンテカルロ法の使い方・使用できるカジノゲーム

カジノゲームにはいくつか必勝法がありますが、そのなかのひとつにモンテカルロ法があります。モンテカルロ法は少ない勝ち数で利益を生む必勝法で有名な必勝法のひとつで、3配当ゲームで損失を抑えて利益を積み上げる時に使用すると良いでしょう。ここではモンテカルロ法の使い方や、モンテカルロ法が使用できるカジノゲームを紹介します。

賭け方のルール

モンテカルロ法には賭け方のルールがあります。モンテカルロ法は連敗しても少ない勝ち数で利益を出すことが可能な必勝法で、メモを使用するためまずは紙とペンを用意します。1単位1ドルの場合、メモに1,2,3と書き両端にある数字の1と3を足した数4が最初のゲームの掛け金となります。もし負けた場合には前回の儲け金4を右端に追加します。両端の1と4の数字を足し、5が次のゲームの儲け金となります。

モンテカルロ法には、勝敗確率約1/2、配当2倍のゲームし使う2倍モンテカルロ法と、勝敗確率約1/3、配当3倍のゲームで用いる3倍モンテカルロ法もあります。3倍モンテカルロ法で勝った場合には、両端から2つずつ数字を削って残った数字の両端を足して次のゲームの儲け金を決めます。

コチラの記事も合わせて読みたい⇒「カジノ必勝法・攻略法|モンテカルロ法で稼ごう」

使用できるカジノゲーム

モンテカルロ法が使用できるカジノゲームは、勝敗確率約1/3のカジノゲームで使用すると効果を発揮しやすいため、ルーレット バカラ、ブラックジャック、ポーカーでも使える必勝法です。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

モンテカルロ法のメリット・デメリット

モンテカルロ法のメリットには、連敗した時の儲け金が大きくなりづらいことや、3倍配当であれば1サイクル終了時に必ず利益を出すことができたり、1サイクル終了ごとにメモをとって次のゲームに賭ける金額を決められるため落ち着いてゲームをすることができるなどがメリットと考えられます。

一方、大きな利益は見込めないことや数列の数が増えると1サイクル終了に時間がかかることなどはデメリットです。この方法は低リスクで損失を回収することが目的となるため、利益を大きく伸ばすような目的では使うことができず、勝ったり負けたりが交互に続いたり、連敗が続く場合には数列の数が大きくなるため1サイクル終了まで長時間となってしまいます。

【まとめ】堅実派の決定版モンテカルロ法

モンテカルロ法は堅実派の決定版とも言える必勝法で、負け数より少ない勝ち数で利益が出る方法です。配当3倍のゲームで使う場合、モンテカルロ法を成功させるために連勝の必要がないことが特徴的です。連敗しても儲け金を抑えやすいため、大きなリスクを抱えることなく利益を積み上げることが期待できます。

カジノではメモすることは禁止されていますが、オンラインカジノであればメモを取ることが可能になりモンテカルロ法を使うことができます。

0から分かるバカラの罫線の見方

バカラの罫線の見方(大路)

バカラは、カジノゲームの王様と呼ばれることがある人気ゲームです。直観ゲームといわれることも多いのですが、その理由の中には罫線を使うことで勝利を高められるためです。バカラを極めたいときには罫線についての研究は基本中の基本であり、言い換えると罫線の見方をしっかり抑えることはバカラを究めることに繋がるといっても過言ではありません。

オンラインカジノのライブカジノには基本的に罫線が表示されていて、自動的に記録が行われる機能を持たせています。罫線は、単に結果を閲覧するだけではなく次の手を考えるときの材料になるもの、これにより勝率を高められるようになるわけです。

バカラの罫線は大路・大眼仔・小路・甲由路の4種類があるのですが、それぞれ異なる表記方法です。複数の罫線を見ながらゲームの流れを読み取りタイミングを見極めてベット先(ディーラーもしくはプレイヤー側)を決定する、これがバカラの罫線を使った戦略法です。バカラの絞りは最初に縦向きにめくるのが特徴で、最も大きく目立つことやメジャーな罫線で使用されているのが大路です。

他の大眼仔・小路・甲由路と違って丸印が大きくなっているので初めての人でもわかりやすい表示といえます。大路は、バンカー側(ディーラー)が勝ったときには赤表示、プレイヤーが勝ったときには青表示、引分けのときにはスラッシュマークで記載される、左上から記録が始まって連勝しているときには下方向に印が記録されます。

罫線の見方が合っているかチェックしてみよう

罫線は次の出目を予想するものではなく、結果を見たときにどのような流れでゲームが進んでいるのかを把握するときに使うものです。バカラのテーブルゲームの一つにバカラデラックスPGSがありますが、このゲームを例に罫線結果をためてどのような流れができているのか、見方についての解説を行っておきましょう。

ちなみに、バカラデラックスPGSはミニマムベットが1ドル、登録することなく無料で遊べる(デモプレイ)などの特徴があります。見方は特別難しいものではなく、赤丸はバンカーが勝ったことを意味している、青丸はプレイヤ―が勝ったことを意味している、それぞれの見方をしっかり覚えておけば初めての人でも読み取ることができます。

引分けのときには斜線が入りますので、罫線が多いときには引分けが多いゲームであることがわかるのではないでしょうか。これらはすべて大路の見方であることも覚えておきましょう。それぞれのマークの見方を抑えた上でゲームの流れを見て行くとある程度パターン化されていて、次に勝利するのがバンカーもしくはプレイヤー、そして引分けになるなどが予測できるようになります。

大路以外の罫線(大眼仔)について

バカラの罫線は大路(ダイロ)だけでなく、大路の下側に表示されている大眼仔・小路・甲由路などもあります。大眼仔(ダイガンチャイ)など大路以外の罫線を使うことで特定の流れを見つけ出せるチャンスがある、複数の罫線を活用すると大路だけよりも勝率を高める効果への期待ができます。大眼仔は大路の最新結果および1列手前の同一の結果を比較、同じ動きのときには赤丸で異なる動きのときには青丸が記録される罫線です。

2列手間の同じ位置結果を見る小路(シュウロ)

小路は、大路の最新結果および2列手前同一の結果を比較するもので、大眼仔と同じく同じ動きになっているときには赤丸で異なるときには青丸が記録されます。

3列手間の同じ位置結果を甲由路(カッチャロ)

甲由路は、3列手前の同一結果を比較する以外は大路や小路と同じ記録が行われます。大路は常に表示されている罫線ですが、小路および甲由路は表示を追加することで見ることができるようになっていますので、4つの罫線を使う際には全表示させて使います。

【まとめ】罫線の見方が分かったら実際に使ってみよう

罫線を使うことでゲームの流れがある程度パターン化されていて、次にどちらが勝つのか予測するときに役立ちます。見方を覚えておけばすぐに実践したくなるかと思われますが、バカラができるオンラインカジノは色々あるので口コミ評判を使って人気のオンラインカジノを探しては如何でしょうか。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるバカラの罫線の使い方」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

0から分かるマーチンゲール法の使い方|メリット・デメリット

マーチンゲール法の使い方・使用できるカジノゲーム

マーチンゲール法は、負けを取り戻すのに効果的な必勝法です。簡単に覚えられるので、初心者でも手軽に利用することができます。

賭け方のルール

マーチンゲール法は、負けたら倍賭けというシンプルなルールです。負けた分を一気に取り戻すことができるので、チップコントロールと呼ばれることもあります。マーチンゲール法は、勝敗確率約1/2で配当2倍のカジノゲームに使用します。最初は、賭け金をいくらに設定しても構いません。最初に1ドル賭けて負けた場合、次のゲームでは2ドル賭けます。次も負けてしまったら今度は4ドルを賭け、その次も負けてしまったら8ドルを賭けることになります。ゲームに勝ったところで、それまで負けた分を一気に取り戻すことができます。

使用できるカジノゲーム

マーチンゲール法は勝敗確率約1/2で配当2倍のカジノゲームに適しているので、バカラやルーレットといったゲームに使用することができます。ブラックジャックとポーカーはカード次第で勝率が変わります。そのため勝率は1/2にはなりませんが、配当は2倍から2.5倍なので使用することができます。
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのルーレットと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」
コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのポーカーと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

マーチンゲール法のメリット・デメリット

マーチンゲール法のメリットは、1度でも勝つことができれば全ての負けを取り返せることです。もし、100連敗してしまったとしても、次のゲームで1回勝てばそれだけで損失はなくなります。また、負けたら倍賭けというシンプルなルールなので、誰でも簡単に覚えられます。マーチンゲール法のデメリットとしては、資金に限界があることです。連敗すれば賭け金が雪だるま式に増えていきますし、連敗した分を取り戻そうとするとさらに大きな資金が必要になります。

かなりの資金力がないと、マーチンゲール法は実践することができません。それから賭け金が膨らむことが、心理的に大きな負担になることもデメリットとして挙げられます。連敗しても強きな姿勢で臨まなければならないので、メンタルが強い人に向いています。

まとめ:誰でも使えるマーチンゲール法

マーチンゲール法は、負けたら倍賭けと覚えておけば誰でも簡単に使用することができます。そのため初心者でも手軽に取り入れられます。