「ベーシックストラテジー」カテゴリーアーカイブ

ブラックジャックの基本『ベーシックストラテジー』とは

ベーシックストラテジーはブラックジャックの教科書

カジノゲームの王道とも言えるブラックジャックは、1500年前のイギリスで誕生したカジノゲームです。わずか5巡のプレイでディーラーまたはプレイヤーの勝敗が決まるのが魅力で、カジノにおいては高い配当率が大勝につながると人気を集めているほどです。このブラックジャックで安定した勝率をマークし続けるには攻略法を的確に用いる必要があります。その攻略法がベーシックストラテジーであり、ブラックジャックの誕生とともに生まれた正統派の攻略法です。そして、ゲームをする上で常に心掛けておきたい攻略法ともいえます。

ベーシックストラテジーの種類

攻略法となるベーシックストラテジーには、ハードハンド・ペア・ソフトハンドという3種類が存在します。この3種類をディーラーの切り札を参考にしながら、ベーシックストラテジーとして使用することでより有利にゲームを進められます。たとえばハンドハンドの場合は、12の数字よりもディーラーの持ち札が低い時に1度カードをシャッフルできます。これでゲームは振出しに戻って、再びフェアな勝負を挑めるというわけです。攻略法としては何ら問題はなく、大数の法則を崩すのに役立つものです。

ブラックジャックの見方

ブラックジャックのゲームでは、如何に早くブラックジャックを揃えるのかがカギを握っています。ベーシックストラテジーも攻略を駆使してブラックジャックとなる手札の見方を的確におこなうには、最初はソフトハンドを駆使するのが望ましいです。ベーシックストラテジーを使用すれば必ずプレイヤーが後手となるので、ディーラーの動向を察しやすいのも攻略を使うメリットといえます。

コチラの記事も要チェック⇒0から分かるベーシックストラテジーの見方

ブラックジャックの使い方

実際にブラックジャックのゲーム内で、攻略となるベーシックストラテジーを使ってみましょう。ベーシックストラテジーの実践で役立つのがオンラインカジノです。特にライブカジノであればリアルタイムにディーラーの動向を確認できるので、攻略の訓練には持ってこいです。最初にコイントスから開始をしますが、この時もベーシックストラテジーを駆使して後手になるようにします。その後はソフトハンドで様子を見て、ブラックジャックを目指します。

コチラの記事も要チェック⇒ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ

0から分かるベーシックストラテジーの見方

ベーシックストラテジーの見方

ベーシックストラテジーとは、カジノゲームのバカラ・ポーカー・ブラックジャックといったテーブルゲームで使用できる必勝法の1つです。これらのゲームでは、常にディーラーとプレイヤーが獲得する手札が異なります。規則性のない結果となることから一般的に、変則性カジノゲームとも称されるのが特徴です。この変則性カジノゲームでは結果を予測するのが困難で、必勝法が存在しないようにも思われてきました。

ところが1970年代のアメリカでベーシックストラテジーという一種の確率計算式が確立され、変則性カジノゲームでも活用できることを証明されました。ベーシックストラテジーは計5つの数式と正負方程式を用いて、合算値と期待値をあらわします。この数式の見方は後部の数字が大きいほど期待値が高く、ハードハンドと呼ばれています。ハードハンドとは結果がすぐに理解できることでしょう。

ベーシックストラテジーの見方が合っているかチェックしてみよう

実際にベーシックストラテジーを駆使して、見方を吟味していきます。まずベーシックストラテジーをあらわす数式を使用して、合算値を求めることから始めます。見方は先述したように後部に着目しておき、5以下の数字になったら勝率は97%を各ゲームで得られると考えられます。さらにハードハンドを求めていきますが、ハードハンドをしっかりと固定しておくことが大切です。たとえば見方として、必ず3つの確率を求めると正しい勝率を導き出せます。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるベーシックストラテジーの使い方」

【まとめ】ベーシックストラテジーの見方が分かったら実際に使ってみよう

実戦でベーシックストラテジーを使って、各ゲームの見方を行っていきます。この時、ポーカーを例にしてベーシックストラテジーを実践すると、基本を学べるので良いシミュレーションが行えることでしょう。基礎として見方を学ぶ場合、最初は正負方程式で期待値を求めることから始めます。見方は先述した通り、後部の数字にだけ着目していけば問題はありません。ポーカーなら勝ち・負けの2択しかないので簡単の計算が行えます。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

0から分かるベーシックストラテジーの使い方

ベーシックストラテジーを実際に使う方法

ハードハンドの場合のベーシックストラテジーの使い方

ハードハンドはA無しもしくはAを1と見た場合の自身の状況で、プレイヤー側自身を指します。ベーシックストラテジーの表ではプレイヤー側は、合計8以下ならヒットが有利となります。9から11の範囲ではダブルダウン有利です。12は選択肢混在、13から16はヒットとスタンド半々となって、17ならすべてスタンドとなります。ベーシックストラテジーとはプレイヤーと、ディーラーが引いたカードに対するプレイヤーの最適解を書いたものです。

無料プレイを行って、使い方を試してみましょう。プレイヤーカードはAなし、かつ合計数字14、ディーラー(敵です)2の場合、ベーシックストラテジー表の選択肢では、スタンドとなります。スタンドは、カードをチェンジしませんので、そのまま勝負となります。表の通り機械的にヒット、ダブルダウン、スタンドを選び、確率で負けないテクニックが、テーブルゲームにおけるベーシックストラテジーの基本戦略です。

ベーシックストラテジーにおけるソフトハンドの場合

ソフトハンドは手札にA1枚あり、Aを11とみなしている状況です。ベーシックストラテジー表の特徴は、A2からA5まではヒット有利(数字はA以外の手札合計です)となります。A6では五分五分付近ヒット有利、A7ではディーラーカードに選択肢依存(ヒット、ダブルダウン、スタンドどれが有利かはディーラーによるという意味)です。

A8、A9ではスタンド有利となります。テーブルゲームのブラックジャックの無料プレイを例にして、見ていきましょう。プレイヤーカードが4と11、ディーラーカード8の場合は表ではプレイヤー側はA5を参照、ディーラー側は表の8を参照します。結果はヒットの選択がベストと表からわかり、確率上ではヒットの選択が勝ちにつながります。

ベーシックストラテジーでのペアの場合についてです

ペアでは選択肢にスプリットが追加され、選択肢は4つに増えます。ストラテジーの特徴は、A2枚はスプリット有利となり、10ではスタンド有利です。9から7までは、スプリット有利ですが、6ではヒットスプリット五分です。

5ではダブルダウン有利となり4ではヒット有利となります。3と2ではヒットスプリットほぼ五分です。無料プレイを行っているように、みていきましょう。プレイヤー手札A2枚の時、ディーラーの手札4が見えている場合、ベーシックストラテジーの使い方は表を参照するとスプリットです。

ベラジョンカジノでベーシックストラテジーを有効活用する方法

慣れるまではカンニングが最適解です

ベーシックストラテジーの使い方と理解は可能ですが、全てのパターンを覚えるまでには、時間がかかります。ベラジョンカジノの無料プレイで、覚えて使えるようになるまで練習することをおすすめします。

ベラジョンカジノのカジノゲームの無料プレイなら、懐はいたみません。焦ってベーシックストラテジーで間違っても問題ないですし、ストレスも少なく気軽に練習できます。ベラジョンカジノの無料プレイでベーシックストラテジーに慣れ、勝率がアップした方は、次のステップです。ベーシックストラテジーに頼らない戦略を覚えましょう。

ライブカジノのテーブルは右端に座る

ベーシックストラテジーをうまく成功させるためには、座席右端を選択します。理由は、ライブカジノの仕様で、ライブカジノでは、他のプレイヤーも参戦すると、他のプレイヤー状況が自分のベーシックストラテジーに影響を受け、結果勝負が複雑化してしまいます。最初にカードを配られる状況を作ってください。フリーベットブラックジャックタイプを選択し、他から影響を受けないシンプルなゲームで戦略の価値を高く維持してください。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるベーシックストラテジーの見方」

【まとめ】ベーシックストラテジーを駆使してベラジョンカジノのバカラで勝とう

ベーシックストラテジーの使い方とは、確率に基づいた戦略の行使と言えます。ベーシックストラテジーに慣れて、アドリブもOKならベラジョンカジノで勝負してみましょう。フリーベットBJのようなシンプルなゲームもあり、バカラに応用して勝率アップを維持し収益化する事も可能です。

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのブラックジャックと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」