「罫線」カテゴリーアーカイブ

バカラ必須ツール『罫線』とは

罫線はゲーム結果を記録した表

オンラインカジノでも、実際のカジノと同様にバカラゲームは高い人気を誇っています。バカラで出目を予測するには必ず、罫線を把握して1回ごとのゲーム結果を罫線上に記す必要があります。通常のバカラでは、ペンと罫線表をディーラーが配布するので自身の手で結果を記録することが可能です。

ベラジョンカジノの場合は、プレイ画面の右に罫線表が備わっているので、ここで記録をつけていきましょう。なお、オート記録というものを駆使すれば、毎回自分で結果を記入する手間が省けて便利です。次回ゲームの予想も立てやすく、活用し甲斐があるのと言えるでしょう。

コチラの記事も要チェック⇒ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ

罫線の種類

ベラジョンカジノの罫線は、大路・大眼仔と小路・甲由路の計4種類があります。通常は英語表記をなされますが、ベラジョンカジノではバカラの発祥地である中国語で表示されるのが一般的です。大路は英語ではロードマップと言われるもので、罫線に置いてメインで注目したい結です。小路はスリットボーナスのことで、1回目のゲームで獲得した手札を記録します。

罫線の見方

オンラインカジノでも罫線を毎回確認して、しっかりと計5ターンのゲームを見届ける必要があります。最初に注目したいのは小路で、1回目のゲームが終了したらすぐにプレイヤーの手札のチェックをします。12以上の数字と役を作っていれば小路にプラスという印をつけて、次は大路の線を記入します。

2回目からは小路から犬眼仔の位置に着目していきましょう。この時、見方としては親であるディーラーの対角線上になるように設置をするのが望ましいです。罫線は必ず相手からも見える位置で記録をすることになり、見え方にも気を配りましょう。

コチラの記事も要チェック⇒0から分かるバカラの罫線の見方

罫線の使い方

罫線をバカラで使用する時、高配当と勝率をあげる時に使用するのが好ましいものです。一般的なカジノはもちろん、ベラジョンカジノ内であってもプレイヤーは自由に罫線を使用することが可能です。もっとも使用するのが大路であり、計5回のゲームを有利に進めるのには欠かせないものといえます。

特に配当率が94%以下の低い数値を示すゲームであれば、高い配当に期待が持てるので必ず罫線を使用しましょう。バカラの勝負は常に出目によって勝敗が決まります。罫線でその出目の出現率を記録すれば、一種の勝敗パターンを見つけ出すこともできるのでプレイヤーに有利な戦術を手にできます。

コチラの記事も要チェック⇒0から分かるバカラの罫線の使い方

0から分かるバカラの罫線の使い方

罫線を使って次の出目を予想する方法

バカラのゲームでは、オンラインカジノはもちろんのこと実際のカジノでも必ず罫線を使って出目を予測するのが基本です。罫線の使い方としては、大路を基準に考えるのが一番簡単な使い方です。罫線上には計50マスが用意されており、この場所に親であるディーラーとプレイヤーのコマが配置されます。チェスであればビショップ、将棋だと飛車を真ん中に設置しますが、バカラの場合は必ずクイーンのカードを置きます。次に出目を予想することになりますが、コイントスでサイコロを振る順番を決める場合は、必ず罫線の右端にハートが来るようにしましょう。

バカラは最大4名で勝敗を決することになり、誤ってダイヤを右端に設置すると大きなヒットを受ける可能性があるからです。使い方の方法としては、常に後手になるようにゲームを進めるのがポイントです。

ベラジョンカジノのバカラで罫線を有効活用する方法

特徴的なパターンがきたらベットする

ベラジョンカジノには、計30種類のバカラゲームがあります。ここで罫線を有効活用するには、ライブゲームで活用するのが良いでしょう。ベラジョンカジノのライブゲームの場合、最大4名が揃ってからゲームが進行します。必然的に還元率と配当率が上がるので罫線の使い方としては、理想的な環境が整っていると言えるでしょう。毎回2.6のベットで罫線を利用すれば勝率を一定に保つこともでき、安定したベットを獲得できます。面(ツラ)とテンコを活用するのも手で、これらを罫線に設ければ最大で50倍の配当を得る事も可能です。

ベットチャンスがきそうなテーブルを探す

ベラジョンカジノの場合、バカラのルールにコイントスが備わっていないのが特徴です。これは、(※ベラジョンカジノで遊べるバカラは各テーブルの罫線をロビーで確認できることを説明し、複数のテーブルを監視して特徴的なパターンが罫線に出たらそのテーブルに座る戦略があると説明してください。)のためで、必ずプレイヤーが先攻しなくてはいけません。

そのため、勝率をあげるにはベットが可能なテーブルを探すことが必須条件と言えるでしょう。計250台のテーブルがあるので、ベットのチャンスがあるテーブルは比較的探しやすいです。罫線を有効活用するには、良いテーブルで勝負をすることも大切ということです。

複数罫線を使って的中精度をあげる

バカラで的中精度をあげるには、如何にして罫線上にあるコマを動かすかということが鍵を握っています。使い方としては罫線に大眼仔がある場合は、必ず最初にプレイヤーの切り札にしましょう。大路を進むのに大眼仔は非常に頼れるコマとなり、四方に移動させることも可能です。さらに大眼仔は、カウンティングを発動させることもできるため、最終ターンで形勢を逆転させることもできます。使い方をマスターすれば、配当率が高いゲームであってもプレイヤーの勝率を一定に保ちながら大勝すること可能でしょう。

【まとめ】罫線を駆使してベラジョンカジノのバカラで勝とう

ベラジョンカジノは基本的なルールを重んじているバカラゲームで、罫線を使用することも可能です。特にライブカジノのバカラの場合、ベラジョンカジノが実施しているキャンペーンの対象機種にバカラも指定されているので、効率よく勝利を収めるのに罫線は有効活用できます。罫線の使い方は基本、大路を中心にしてテンコ・面(ツラ)という2つの切り札を設置するのみです。これでディーラーと勝負をするためのコマが揃うので、あとは出目を予想して的中させれば自然と勝利へと歩みを進められます。シンプルなゲームで、罫線を駆使すればプレイヤーに有利な戦術が生れます。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるバカラの罫線の見方」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」

0から分かるバカラの罫線の見方

バカラの罫線の見方(大路)

バカラは、カジノゲームの王様と呼ばれることがある人気ゲームです。直観ゲームといわれることも多いのですが、その理由の中には罫線を使うことで勝利を高められるためです。バカラを極めたいときには罫線についての研究は基本中の基本であり、言い換えると罫線の見方をしっかり抑えることはバカラを究めることに繋がるといっても過言ではありません。

オンラインカジノのライブカジノには基本的に罫線が表示されていて、自動的に記録が行われる機能を持たせています。罫線は、単に結果を閲覧するだけではなく次の手を考えるときの材料になるもの、これにより勝率を高められるようになるわけです。

バカラの罫線は大路・大眼仔・小路・甲由路の4種類があるのですが、それぞれ異なる表記方法です。複数の罫線を見ながらゲームの流れを読み取りタイミングを見極めてベット先(ディーラーもしくはプレイヤー側)を決定する、これがバカラの罫線を使った戦略法です。バカラの絞りは最初に縦向きにめくるのが特徴で、最も大きく目立つことやメジャーな罫線で使用されているのが大路です。

他の大眼仔・小路・甲由路と違って丸印が大きくなっているので初めての人でもわかりやすい表示といえます。大路は、バンカー側(ディーラー)が勝ったときには赤表示、プレイヤーが勝ったときには青表示、引分けのときにはスラッシュマークで記載される、左上から記録が始まって連勝しているときには下方向に印が記録されます。

罫線の見方が合っているかチェックしてみよう

罫線は次の出目を予想するものではなく、結果を見たときにどのような流れでゲームが進んでいるのかを把握するときに使うものです。バカラのテーブルゲームの一つにバカラデラックスPGSがありますが、このゲームを例に罫線結果をためてどのような流れができているのか、見方についての解説を行っておきましょう。

ちなみに、バカラデラックスPGSはミニマムベットが1ドル、登録することなく無料で遊べる(デモプレイ)などの特徴があります。見方は特別難しいものではなく、赤丸はバンカーが勝ったことを意味している、青丸はプレイヤ―が勝ったことを意味している、それぞれの見方をしっかり覚えておけば初めての人でも読み取ることができます。

引分けのときには斜線が入りますので、罫線が多いときには引分けが多いゲームであることがわかるのではないでしょうか。これらはすべて大路の見方であることも覚えておきましょう。それぞれのマークの見方を抑えた上でゲームの流れを見て行くとある程度パターン化されていて、次に勝利するのがバンカーもしくはプレイヤー、そして引分けになるなどが予測できるようになります。

大路以外の罫線(大眼仔)について

バカラの罫線は大路(ダイロ)だけでなく、大路の下側に表示されている大眼仔・小路・甲由路などもあります。大眼仔(ダイガンチャイ)など大路以外の罫線を使うことで特定の流れを見つけ出せるチャンスがある、複数の罫線を活用すると大路だけよりも勝率を高める効果への期待ができます。大眼仔は大路の最新結果および1列手前の同一の結果を比較、同じ動きのときには赤丸で異なる動きのときには青丸が記録される罫線です。

2列手間の同じ位置結果を見る小路(シュウロ)

小路は、大路の最新結果および2列手前同一の結果を比較するもので、大眼仔と同じく同じ動きになっているときには赤丸で異なるときには青丸が記録されます。

3列手間の同じ位置結果を甲由路(カッチャロ)

甲由路は、3列手前の同一結果を比較する以外は大路や小路と同じ記録が行われます。大路は常に表示されている罫線ですが、小路および甲由路は表示を追加することで見ることができるようになっていますので、4つの罫線を使う際には全表示させて使います。

【まとめ】罫線の見方が分かったら実際に使ってみよう

罫線を使うことでゲームの流れがある程度パターン化されていて、次にどちらが勝つのか予測するときに役立ちます。見方を覚えておけばすぐに実践したくなるかと思われますが、バカラができるオンラインカジノは色々あるので口コミ評判を使って人気のオンラインカジノを探しては如何でしょうか。

コチラの記事も要チェック⇒「0から分かるバカラの罫線の使い方」

コチラの記事も要チェック⇒「ガチ勢がベラジョンカジノのバカラと攻略法を紹介|ルール・高配当・おすすめ」