ベラジョンカジノは違法か合法か|法律や逮捕事例を踏まえてガチ勢が解説

ベラジョンカジノって違法?合法?

ベラジョンカジノの利用自体は、海外では合法となり日本では違法とも合法ともいえないというのが実情です。つまり、日本で取り締まりを行えない管轄でゲームが進行しているため、現状では手出しできないということになります。

オンラインカジノの法律問題

日本の法律上はグレーゾーンな存在

日本の場合公営ギャンブル以外の賭け事は賭博罪が適応され処罰の対象となりますが、オンラインカジノの場合、日本から海外のオンラインカジノにアクセスし賭博をすることに関しては法律上定められておらず、グレーゾーン的な位置になります。

これは、日本のサーバーでオンラインカジノを提供した場合、国籍上日本となるため違法対象になりますが、海外のサーバーの場合海外でゲームをプレイしているという会社になるためグレーゾーンとなります。
つまり、日本のお店で賭け事のゲームをプレイしていないから法律上は目をつぶってもらっているという解釈になるということです。

「オンラインカジノ初心者向け|違法性について」魅力・仕組みなどを交えて解説しています。

プレイヤーが突然逮捕された過去事例

オンラインカジノをプレイしていた日本人が逮捕されるという事例について解説をします。これは、海外のオンラインカジノを利用時に逮捕された日本人がいたのですが不起訴処分となっています。不起訴となった理由ですが、逮捕された者たちが罰則を支払ったため不起訴処分となったのです。

なお、カジノ側はオンラインカジノを合法的に運営しているため摘発することはできなかったため、利用者を見せしめで逮捕されたという憶測もあります。逮捕に踏み切った理由は、日本人向けのサービスを多数提供していたため、海外のサービスでありながらも日本のカジノと変わらないのではないかと言うことになり逮捕に踏み切ったとされています。

コチラの記事も要チェック⇒「ベラジョンカジノで稼げる可能性」

ベラジョンカジノで遊ぶと逮捕される可能性

逮捕される可能性は極めて低い

海外のオンラインカジノの運営自体はきちんとしたライセンスを取得して運営しており、違法性については無いと言える状況の中、プレイヤーを逮捕することについて解説をします。プレイヤー数が多い場合、オンラインカジノにおいては全員を逮捕するというお話は現実的ではないため、現状では逮捕される理由がよほど明確で悪質ではない限り逮捕されないと言えます。

ただし、ゲーム自体が違法性がある場合や反社会組織が運営に絡むなどをした場合、違法性が見いだされるため逮捕される可能性はありますが、問題は運営している会社がライセンスを取得している場合、正常な運営であることを証明しているため、よほどの反社会組織が運営に関与しない限り逮捕される確率は極めて低いと見てよいです。

逮捕されない可能性が100%ないとは断言できない

ただし、これは法の問題上難しいけれども100%ないとは断言できないことも事実で将来違法性について明記される可能性もあるよ言うことも考えなければならない可能性もあります。その理由ですがまず、違法性が将来的に認められることも考えられます。

つまり、経営に関して反社会勢力が経営に関与し始める等オンラインカジノの経営を巡り、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの運営が利益となるとなることを知った反社会組織が運営を行うようになると話は変わるということです。その理由ですが、反社会組織にオンラインカジノのお金が流れた場合、凶悪な犯罪を行う資金として使用される可能性が否定できなくなるためです。

【結論】ベラジョンカジノは日本の法律上グレーゾーンな存在

ベラジョンカジノは運営上、海外の運営団体が営業を行っており法律上は問題はないとされていますが、今後反社会組織などが、資金欲しさにオンラインカジノの運営権利を握り始めると違法性が高まり、凶悪犯罪の資金としてオンラインカジノの運営資金を使用することも考えられるため、現状況ではグレーゾーンではありますが、今後については自己責任を伴います。

この自己責任ですが、運営の管理体制や運営が日本のサーバーを介して賭博をしている等、運営方式が変化することにより、自己が責任を負う可能性があることを指します。つまり、日本にオンラインカジノの拠点を置き、海外ではない日本のサーバーを経由し快適な速度でオンラインカジノをプレイできるようになる等、運営が方針を変更し、日本でオンラインカジノのビジネスをとり行うようになった場合、運営と共にオンラインカジノをプレイしている利用者側も逮捕されることを指します。